弘前市駅前のイトーヨーカドー弘前店が11月18日、リニューアルオープンする。1階に生活雑貨専門店の「ロフト」と「無印良品」、5階に妊婦・乳児児童用品専門店「アカチャンホンポ」といった大型テナントを導入し、10~30代への訴求力を強化。地下1階も食品売り場にベーカリーを新設するなどして拡充する。
 アカチャンホンポは県内2店舗目の出店。既存の4階売り場と合わせて地域最大級のキッズ関連売り場を展開する。同じく県内2店舗目となるロフトでは約2万種類の雑貨をそろえ、オープニング企画も開催予定。無印良品では東北初となる話題の冷凍食品を取り扱う。
 地下1階では食品売り場にベーカリーを新設して焼きたてパンを提供。地元鮮魚専門店「東研岩良」を導入するなど品ぞろえを強化する。フードコートは席数を170席から260席に約1・5倍拡張し、ゆったり食事できるようにする。
 2階は1階から移動した化粧品売り場のほか、新たに医薬品売り場を配置し、市販薬の取り扱いも始める。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。