農林水産省東北農政局は30日、本県の2020年産の水田の作付け状況(9月18日現在、速報値)を公表した。主食用米の作付面積は前年産比900ヘクタール減の3万8300ヘクタール。備蓄用米の堅調な落札価格から、主食用米から備蓄米への転換が進んだとみられる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。