菅義偉内閣の発足に伴い、注目が集まる衆院解散・総選挙の時期。衆院議員の任期は来年10月までで、あと1年余りと迫っている。県内は小選挙区の3議席を独占する自民党に対して野党が挑む格好となるが、旧立憲民主党と旧国民民主党の合流新党発足後も共闘の形がまだ見えていない状況だ。解散時期は今秋ともささやかれており、今後県内でも来る政治決戦に向けた準備がさらに加速すると予想される。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。