茨城県つくばみらい市に本社を構え、関東などで200カ所以上の学童クラブや保育園を運営する「アンフィニ」(片山章彦代表取締役)が10月から、五所川原市内12の放課後児童クラブを運営することになった。市が実施した公募型プロポーザルで最優秀者となり選定に至ったもので、市内学童保育登録者の7割をカバーする計算。北東北初進出となる同社の担当者は「地域に根差して活動し、子どもたちにより良いサービスを提供していきたい」と話している。
【写真説明】五所川原市内12放課後児童クラブの運営を10月から担うアンフィニ。五所川原支店では大野常務(右)らが準備を進めている

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。