板柳町で栽培されている「いたや毛豆」の収穫が始まった。粒の大きさや甘みの強さなどにより近年県内外で知名度が高まっており、今年も高品質が期待される。
 18日は桜庭会長らが自宅敷地内で、いたや毛豆の選果作業などに精を出した。収穫は10月上旬までの予定。
 いたや毛豆は同町の農産物直売所「とれたて市」で取り扱っているほか、スーパー「佐藤長」の店頭にも並ぶ。ネットショップ「かめあし商店」でも購入できる。
【写真説明】いたや毛豆をつるから外す作業に精を出す桜庭会長(右端)ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。