地域課題をビジネス手法によって解決するSBP(ソーシャル・ビジネス・プロジェクト)に取り組む鯵ケ沢高校のSBP研究会が、8月にオンラインで開催された「第5回全国高校生SBP交流フェア」に参加、浜松学芸高校(静岡県)との合同チームによる取り組み「浜松●鯵ケ沢 胸キュン絆プロジェクト」が全国2位の「三重県知事賞」と特別賞「東京学芸大賞」を受賞した。9日、研究会メンバーが町役場を訪れ、受賞を報告した。 9日は研究会メンバーのうち、桜庭えりな合同チームリーダーら7人が町役場に平田衛町長を訪ね受賞を報告。桜庭リーダーは「2位はうれしいけど、優勝を狙っていたので悔しい。プロジェクトの評価を受けて、さらに鯵ケ沢のPRをしたい」、単独チームの寺沢莉乃リーダーも「行政と連携した取り組みを強調し、伝えることができた」とそれぞれ報告した。
※●はハートマーク
【写真説明】平田町長(後列右端)に全国2位を報告した鯵ケ沢高SBP研メンバー

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。