全農県本部は15日、農協が生産者へ前払いする生産者概算金の参考にする目安額を示した。全農県本部や農協関係者によると、2020年産の「つがるロマン」(1等米、60キロ)は1万1600円、「まっしぐら」(同)は1万1400円でともに前年産比800円の減額。新型コロナウイルスによる業務用米の需要落ち込みや豊作基調などを背景にした米価下落を想定し、14年産以来6年ぶりに引き下げた。「青天の霹靂(へきれき)」(同)は据え置きの1万5600円。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。