つがる市議会定例会は15日、成田克子(五和会)、木村良博(同)、伊藤良二(同)の3氏が一般質問を行った。福島弘芳市長ら理事者側は、供給過剰が見込まれる主食用米の販売農家に対し、種子購入代の半額を支援する政策を予定している-と答弁した。17日の定例会最終日に、事業費を盛り込んだ予算案を追加提案する予定という。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。