きょう15日から3日間の日程で、霊峰岩木山に五穀豊穣(ほうじょう)や家内安全を祈願する津軽最大の秋祭り「お山参詣」が行われる。
 今年は新型コロナウイルスの感染防止のため、各地区からの集団登拝や、ご来光を拝むための夜間の朔日(ついたち)山登山は自粛を要請するなど規模を縮小する。
 神事や個人参拝は例年通り行うことから、岩木山神社では14日、境内で準備が進められ、各地区の団体は集団登拝の代わりに白や五色の大きなのぼりを奉納し、ムードを高めた。
【写真説明】境内では、各団体がのぼりを持ち寄って設置を進めた=14日、岩木山神社

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。