弘前市十面沢の旧修斉小学校グラウンドが市内初のソフトボール専用グラウンドに生まれ変わったことを記念した「第1回弘果カップソフトボール交歓会」が12日に開かれ、参加した小学生チームの選手らははつらつとしたプレーを見せた。
 交歓会は、ソフトボールチームの交流と技術の向上を目的にスポネット弘前が開いたもので、県内の小学生チーム4チームが参加し、競い合った。
 決勝は八戸市を拠点に活動する市川ベリーズが弘前フェアリーズに6-1で勝利した。
【写真説明】弘前市内初のソフトボール専用グラウンドで選手たちがはつらつとしたプレーを見せた

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。