新型コロナウイルスに対応した新しい生活様式による合コンを提案する「ひろさき合コンフェス」が12日夜、弘前市で開かれた。利用客が伸び悩む繁華街活性化を狙ったもので、70人が参加して出会いを求めながら酒席を楽しんだ。
 宴会再開の機運醸成を目的に弘前商工会議所青年部(島川聖栄会長)が企画。3人組によるチーム戦と1人から参加できる個人戦を用意し、鍛冶町エリアを中心に10の店舗・施設を会場にした「街コン」スタイルの合コンを行った。イベント後の再訪客も狙い、参加者には参加店で使える金券を進呈した。
 合コンフェスは26日にも開催。現在は女性のみ参加を受け付けている。問い合わせは同青年部事務局(電話0172-33-4111)へ。
【写真説明】新生活様式で酒席を楽しんだ「ひろさき合コンフェス」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。