北五中学校体育大会新人大会が12日に開幕し、五所川原市や鶴田町などで8競技に熱戦を展開した。柔道男子団体は五所一が頂点に立った。水泳では鶴田が女子総合優勝、男子400メートル自由形の須藤龍馬(五所一)が大会新をマークした。ソフトテニス男子団体は中里が制した。野球は雨天順延となり13、14の2日間で日程を消化する。13日は8競技が行われる。
【写真説明】柔道男子団体・五所一-鶴田戦で、中堅島村陸生(上)は切れのある背負い投げで一本勝ちを収めた=鶴田中学校第2体育館

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。