西つがる中学校体育大会新人大会が12日に開幕し、つがる市などで6競技が行われた。
 サッカーは木造・深浦が柏に17-0で快勝した。水泳は鯵ケ沢勢が躍動し、山下龍乃伸が男子200メートル個人メドレー、成田琉杏が女子200メートル、400メートル自由形でそれぞれ大会新記録を出した。卓球女子個人は前田栞菜(大戸瀬)が頂点に立った。野球とソフトテニスは悪天候で順延した。
 13日は8競技が行われる。
【写真説明】サッカー決勝でゴール前でシュートを決める連合チーム・木造の長谷川竜誠(中央、緑のユニフォーム)=大高山総合公園多目的広場

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。