春シーズン(4~8月)における県内の山菜採りなどの遭難事故の発生件数は34件、遭難者数は36人に上り、いずれも過去20年間で最多だったことが11日、分かった。県は、新型コロナウイルスの影響で人通りの多い街や観光地を避け、山へ入る人が増えた可能性があると指摘し、秋のキノコ採りシーズン到来を前に警戒を強めている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。