日本貿易振興機構(ジェトロ)青森貿易情報センターは11日、2019年の本県貿易概況を発表した。農水産物・食品(木材およびその製品除く)の輸出額は前年比3・0%増の229億6300万円に上り、現在の統計方法になった1985年以降で過去2番目に多かった。20年の春節(中華圏の旧正月)が例年より早い1月末だったため、19年末にもリンゴの輸出が動いたことが要因。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。