リンゴの生産・販売を手掛ける藤崎町のやましげりんご(木村律子代表)は、食品ロスの削減や農家の所得向上に向け、ピーマンの規格外品を使って商品開発した「ピーマンみそ」を発売した。自家栽培のトウガラシも使った「ピリッとした辛さと奥深い甘さ」(担当者)が特徴で、同町のふじさき食彩テラスなどで販売している。
 内容量100グラムで税別300円。やましげりんご(電話0172-75-2176)や弘前市のヒロロ内「フレッシュファームFORET」でも販売している。
【写真説明】藤崎町のリンゴ農家がピーマンの規格外品を使って開発した「ピーマンみそ」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。