県はフジドリームエアラインズ(FDA、本社静岡市)機のネーミングライツ(命名権)を取得し、県産ブランド米「青天の霹靂(へきれき)」のロゴマークが入った機体が10日、運航を開始した。「青天の霹靂号」として全国17空港21路線を飛び回り、本県と県産米をPRする。
 10日は青森空港で出発式が行われ、県の職員らが最初の運航を見守った。三村申吾知事は「青天の霹靂は稲刈りが始まったばかり。今年も良いものができそうなので、多くの人に名前を知ってもらいたい」と話した。
 運航は来年の3月末まで。
【写真説明】青天の霹靂号の就航を喜ぶ三村知事(左から3人目)ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。