弘前市議会定例会は10日、野村太郎(創和会)、今泉昌一(さくら未来)、福士文敏(創和会)、斎藤豪(滄洸会)、蛯名正樹(創和会)の5氏が一般質問を行った。桜田宏市長ら理事者側は(1)弘前城本丸石垣整備事業では石垣根石部分の復旧検討や天守台部分石垣などの耐震補強を要しており、天守台を含む南側石垣の積み直し時期が不透明。計画を変更し、10月から北側工事に着手する(2)新型コロナウイルスの影響で経営環境がさらに厳しくなった弘南鉄道の公的支援について、自立した運行ができるよう一定期間を設けて沿線自治体と検証したい-などと答弁した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。