10月16日開幕の第99回全国高校サッカー選手権大会県大会の組み合わせ抽選会が9日、青森市で行われた。県内47校のうち1次予選などを勝ち抜いた24校が全国大会出場を懸け、しのぎを削る。
 1回戦では、今年の夏季大会ベスト8の東奥義塾が青森北と対戦する。同じくベスト8の弘前実は光星と顔を合わせる。県大会23連覇中で、昨年度は全国大会で準優勝に輝いた青森山田は3回戦からの登場となる。
 開会式は10月16日に十和田市で行い、選手宣誓は青森山田の藤原優大主将(弘前市出身)が務める。1~3回戦は十和田市と五戸町、準決勝以降は青森市のカクヒログループアスレチックスタジアムで行う。決勝は11月8日の予定。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。