青森銀行の成田晋頭取とみちのく銀行の藤澤貴之頭取は8日、青森市内で本紙の取材に応じ、経営統合に向けた協議を改めて否定した。一方で、人口減少などで地域経済が縮小するとみられる中、経営統合の可能性については地域や顧客、株主、行員のためになるかどうかを判断基準に「将来的にあり得る」(成田頭取)、「あらゆる方向に良いことであればあり得ること」(藤澤頭取)との考えを示した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。