弘前市議会定例会は8日、坂本崇(無所属)、松橋武史(滄洸会)、木村隆洋、蒔苗博英(創和会)、宮本隆志(弘新会)の5氏が一般質問を行った。桜田宏市長ら理事者側は(1)新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた国の緊急措置に対応し、同市の駅前、大町、土手町の各商店街の歩道などをテークアウトやテラス席など飲食提供場所として活用するため、今月中旬開始を目指して調整中(2)災害時に新型コロナ感染が疑われる避難者を想定した搬送訓練を30日に実施する-などと答弁した。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。