蓬田村のNPO法人プロモーションよもぎたは今年も8日から、ホタテガイ養殖残さを活用して製造した堆肥の無料配布を始めた。配布場所のハウスには初日から多くの人が駆け付け、堆肥をもらってボランティアスタッフと交流した。
 同村で製造している堆肥はホタテの養殖残さを活用しており、海のミネラルが豊富。同法人のメンバーが実際に野菜作りに活用し「生育が良くなった」と効果を実感している。2018年度から希望者が持ち帰られる仕組みを整え、人気を集めている。
 ハウスは蓬田村中沢地区の国道280号沿いにあり、同法人の看板が目印。配布は午前8時半からと午後1時半から。袋は持参すること。無料配布は堆肥がなくなり次第終了する。
【写真説明】堆肥を袋に詰めるボランティアスタッフと希望者

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。