青森銀行とみちのく銀行は7日、経営統合案が浮上しているとの報道に対し、経営統合に向けた協議は行っていないとする文書を発表した。青銀の成田晋頭取も同日コメントし「経営統合を前提としたものはない」と否定した。
 両行は文書の中で「経営統合に向けた協議に関する報道がなされたが、当行が発表したものではない」と説明。昨年10月に発表した両行の包括的な連携に関しては検討や協議を継続しているとするが「すでに公表済みの取り組みを除いては決定した事実はない」とした。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。