五所川原市議会は7日、一般質問を行い、藤森真悦(市民の声を聴く会)、秋元洋子(至誠公明会)、花田進(共産)、黒沼剛(新政会)の4氏が登壇した。理事者側は(1)市特産の「赤~いりんご」を使ったシードルの商品化を目指している事業者を後押しするため、今議会に提出した補正予算案に開発経費に対する支援のための事業費を計上した(2)65歳以上の高齢者の季節性インフルエンザの予防接種で、課税世帯の場合は1人につき1000円を徴収してきたが、今年度は新型コロナウイルス感染症流行の可能性もにらみ、医療機関の負担を軽減するために無料化とする-などと答弁した。8日も一般質問を続行し、3氏が登壇予定。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。