東京消防庁職員として多くの現場を踏み、現在板柳町でリンゴ栽培などに汗を流す人がいる。「佐藤有機農園」職員の永沢義男さん(74)だ。「毎日毎日が充実」と第二の人生を満喫しながら、町と埼玉県を行き来する日々。そんな働き方は、農家の担い手不足を補う一歩にもなりそうだ。
【写真説明】板柳町と埼玉県を行き来する永沢さん。町で農家として働くのは「充実の日々」という

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。