リサイクル燃料貯蔵(RFS、むつ市)の中間貯蔵施設について、原子力規制委員会は2日、新規制基準に「適合している」とする審査書案を了承した。一般からの意見募集などを経た後、正式決定する。
 同施設は使用済み核燃料を原発敷地外で一時貯蔵する国内初の専用施設で、2021年度の操業開始を目指している。
 RFSは東京電力と日本原子力発電が全額出資。2社の原発から出る使用済み核燃料のうち、再処理工場(六ケ所村)で処理する核燃料を搬入。金属製容器(キャスク)に詰め、最大5000トンを最長50年間保管・管理する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。