新型コロナウイルスの影響で外出を控える妊産婦らの不安を軽減しようと、ひろさき子育て世代包括支援センターは2日、妊娠期や子育てに関するオンラインでの個別相談を開始したと発表した。新型コロナやインフルエンザ流行への懸念が続く中、より気軽に相談できる環境を整え、妊産婦の安心につなげたい考え。
 市の新型コロナウイルス感染症対策事業の一環。希望する市内在住の妊産婦が対象となる。
 オンライン個別相談を利用するためには、同センターに電話で仮予約を入れ、アプリ内で予約確定のメールを送ると、同センターからURLが返信される。この後、予約時間にそのURLを開くと、ビデオチャット画面で1対1で会話できる仕組みだ。
 事前予約制で、1人30分程度、保健師や助産師、保育士といった専門の職員が相談内容に応じて対応する。状況により当日予約もできる。
 オンライン個別相談の対応時間は、平日午前10時~午後3時。問い合わせと仮予約は、同センター(電話0172-37-1323)へ。
【写真説明】新型コロナ対応策として、センターは妊産婦オンライン個別相談を開始。妊産婦の安心につなげる

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。