平川市は31日、10月中旬ごろに着工を予定している新本庁舎が完成した場合、55%の省エネルギー化を達成できるとして、県内10市の庁舎では初となるZEB Ready認証を取得したと発表した。市は「環境問題に取り組んでいることを市内外にアピールしたい」と喜んでいる。
 市は「(庁舎の省エネ対策が)実現できると担保してもらった形。全体のエネルギー消費を管理するシステムを導入することで、開庁後も省エネルギー化を続ける」と話した。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。