東北社会人サッカーリーグ1部のブランデュー弘前FCは30日、弘前市運動公園陸上競技場でFC.SENDAI.UNIV(宮城)との第13節を行い、5―0で完勝した。リーグ戦開幕4連勝で暫定首位。
 ブランデューは前半21分、高橋佳の左サイドからのグラウンダーを大原俊輔が蹴り込み先制。直後の同22分には浅利航大が相手守備陣の間を抜いてゴール右隅にシュートを決めた。同35分には浅利の左サイドからのクロスに高橋佳が頭で合わせて3―0とした。
 後半は一時攻め込まれる場面もあったが得点は許さず、大塚孔偉と高木輝之がともにヘディングシュートで追加点を挙げて相手を突き放した。
 次節は9月6日、秋田県立中央公園球技場で猿田興業(秋田)と第14節を行う。
【写真説明】ブランデューの浅利航大選手(右から2人目)は相手守備陣の間を抜く絶妙なシュートで2―0とする=弘前市運動公園陸上競技場