東北社会人サッカーリーグ1部のブランデュー弘前FCは23日の第12節、岩手県の花巻市スポーツキャンプむらで富士クラブ2003(岩手)に9―1の大勝した。昨季、唯一の黒星を喫した相手を圧倒し、開幕3連勝を飾った。
 ブランデューは前半8分、右サイドの大塚孔偉からのクロスに、大原俊輔が頭で合わせて先制。前半終了間際には高木輝之の折り返しから川元雄太が今季初ゴール、さらに浅利航大が加点した。後半も攻撃の姿勢を緩めず、千葉銀次郎の初ゴールや途中出場の高橋佳のハットトリックなどで6得点。後半43分にシーズン初失点を許したが、大量得点で試合を制した。
 ブランデューは30日、ホームの弘前市運動公園陸上競技場にFC.SENDAI.UNIV(宮城)を迎えての第13節に臨む。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。