介護予防に取り組む弘前市の櫻田宏市長は17日、65歳以上を対象に無料で利用できる一般介護予防事業の取り組み状況を視察した。新型コロナウイルスの感染予防対策を取りながら、筋力アップなどに取り組む様子に触れ「高齢者の方々から非常に人気の高い取り組み。関心を持つ方が利用できるよう指示したい」と述べた。
 この日は、櫻田市長や番場邦夫福祉部長ら関係者が、筋力向上トレーニング教室を行う千年公民館と高齢者健康トレーニング教室を行うヒロロスクエアを視察。利用者が毎シーズン殺到することから、抽選になるヒロロスクエアを訪れた櫻田市長は、利用する人たちと共に筋力アップの専用機械を使ったトレーニングに参加したほか、その効果や新型コロナへの対策などを聞き取りした。
 視察を終えた櫻田市長は「運動機能の改善や低下予防は非常に大事だと改めて感じた」とし、今後も事業に力を入れていく考えを述べた。
【写真説明】実際に筋力アップのトレーニングを体験する櫻田市長(左)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。