五所川原市、五所川原商工会議所など6団体による「やってまれ!ごしょがわらGENKIプロジェクト」の運営協議会は17日、9月の大型連休(シルバーウイーク)での開催の可能性を探ってきた「立佞武多を活用したイベント」について、新型コロナウイルス感染防止対策の観点から実物の運行、展示は断念すると発表した。イベントは主会期を9月18、19日とし大型立佞武多の映像配信、テークアウトを取り入れたバル街などを展開する。
 イベントの概要について、同協議会メンバーが市役所で会見した。今回は9月18、19日に「WEB DE 立佞武多」を配信する。アマビエねぷたの制作動画、囃子(はやし)方100人による演奏などを市内から配信する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。