弘前市りんご公園で初の謎解きイベント「りんご探偵への挑戦状」が開催されている。さまざまな問題を解きながら広い園内を散策し、雄大な岩木山の眺望、収穫期を迎えるリンゴなど公園の魅力を体感してもらうことが目的。12日にはモニター体験会が開かれ、参加者は謎解きに熱中した。イベントは11月23日まで。
 弘前市りんご公園まつり事業実行委員会が、新型コロナウイルスの感染拡防止で3密を回避しながら楽しめるイベントとして企画。平川市のイベント企画会社「ATREX」が謎解きの問題を制作した。
 ストーリーは怪盗アニマル団からりんご探偵に届いた挑戦状の謎を解き、りんご公園の宝を守るというもの。参加者は挑戦状に書かれたヒントを元に園内に散らばっている問題を探し、解いていく。
 挑戦状は1冊1000円(税込み)で販売しており、グループでも楽しめる。受け付けと答え合わせは、園内の「りんごの家」売店で午前9時から午後5時まで。
 謎解きの成功者にはもぎたてのリンゴをプレゼントしている。このほか、園内では1キロ340円(同)でリンゴの収穫体験も行っている。
【写真説明】りんご公園内を歩きながら、謎解きに夢中になる参加者

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。