新型コロナウイルスで黒石よされが中止となった黒石市で、地元団体が祭りの雰囲気を感じてもらおうと、会場の中町こみせ通りによされちょうちんを飾っている。中町の松の湯交流館裏には、13日から20日まで自由に踊りを楽しめるミニやぐらを設置しており、関係者は「少しでも祭りの雰囲気を楽しんでもらえれば」としている。
 よされちょうちんはこみせ通り商店街振興組合が設置。こみせ通りから前町通りまでの約200メートルにわたって飾られており、13日からはライトアップされる。
 ミニやぐらは松の湯交流館を管理運営するNPO法人横町十文字まちそだて会が設置。13~20日は午前9時半から午後9時まで音楽が流れ、市民らが自由に踊ることができる。
【写真説明】こみせ通りに飾られているよされちょうちん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。