弘前れんが倉庫美術館の入館者が10日、累計1万人を突破した。同館は1万人目となった宮城県名取市の山家将貴さん(32)に記念品を贈呈した。
 同館は当初4月11日のグランドオープンを予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大防止対策のために延期。6月1日から県民を対象とした事前予約制でプレオープン期間に入り、7月11日に3カ月遅れのグランドオープンを迎えた。
 入館者はプレオープン期間中に約3300人を数え、7月31日に8836人となった。
 山家さんは藤崎町出身の妻恵さん(34)の帰省に伴い娘の芽依ちゃん(1)と家族3人で訪れた。三上雅通館長は「記念品には招待券も入っています。これから展示を楽しんで、ぜひまた来てほしい」と笑顔。山家さんは「びっくりした。とてもおしゃれで良い雰囲気の美術館だったので気に入っている」と話した。
【写真説明】三上館長(右)から記念品を受け取る山家さん家族