弘前れんが倉庫美術館(三上雅通館長)は新型コロナウイルス感染防止策にもなる展示ガイドをスマートフォンなどで聞ける音声サービスを導入した。同館広報担当の大澤美菜さんは「来場者からガイドツアーの要望が多かったが、集団でのツアー形式は難しい状況。安全にガイドを楽しめる形として提供した」と話した。
 ガイドは会場に設置されたQRコードをスマホやタブレットなどで読み取り、専用サイトから音声をストリーミングすると利用できる。
 ガイドは開催中の開館記念展「Thank You Memory ―醸造から創造へ―」が対象で、ガイドを務めるのは同館学芸員の石川達紘さん。展示エリアごとに各約2分の音声を提供。来場者は自分のペースで解説を楽しむことができる。