県内の空襲展が10日、青森市のさくら野百貨店青森本店で始まった。戦時の写真や当時の状況を分かりやすく解説したパネルなどが並べられ、来場者が戦争の悲惨さを胸に刻んだ。15日までで入場は無料。
 市民団体「青森空襲を記録する会」(今村修会長)が毎年開いている。同会は青森空襲を風化させず、語り継ぐことを目的に1980年発足。空襲展開催のほか、空襲体験者の証言集発行、資料の収集、犠牲者追悼と平和の集い開催などの活動を続けている。
【写真説明】写真や新聞記事、解説パネルなどを通じて戦争前後の本県の様子を伝える展示

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。