弘前れんが倉庫美術館で8日、アーティスト潘逸舟(ハンイシュ)さんによるワークショップ(WS)「おがるおにっこ」が開かれた。潘さんの母校である弘前大学教育学部附属中学校の美術部員12人が集まり、リモート参加した潘さんの指導の下、フェースシールドなどを活用して思い思いに鬼の面を制作した。
 完成した面は今後、潘さんの作品に生かされる予定。
【写真説明】フェースシールドを使って鬼の面を制作する参加者(写真上)、潘さん(中央モニター)と制作した鬼の面を披露する参加者(写真下)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。