西目屋村の道の駅「津軽白神 ビーチにしめや」内の醸造所「白神ワイナリー」で醸造された初のワイン「black bear(ブラックベアー)」が8日、西目屋村と弘前市で発売される。
 ブラックベアーは白神山地周辺で栽培している山ブドウを白神酵母で約10カ月発酵させ、乳酸菌でまろやかな味わいに仕上げた逸品。同社によると食中酒としてステーキ、ジビエなど肉料理に合わせるのがお薦め。
 ワインは750ミリリットル入りで税込み3300円。アルコール度数10度。道の駅「津軽白神 ビーチにしめや」と同社で販売。ネット販売にも順次対応する。
【写真説明】8日から販売される白神ワイナリーの「black bear」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。