弘前ねぷたまつりの中止を受け、デジタル空間でねぷたを運行する「みんなでつくろう!!ONLINEねぷた」が、1日から動画投稿サイトで配信される。名人から若手絵師まで昭和、平成、令和の3時代のねぷたがそろい踏み。弘前だけでなく黒石や平川、藤崎など他地域のねぷたも出陣する。インターネット環境があればどこでも視聴でき、自分で色塗りしたオリジナルねぷたを運行に加えることも可能。時代や場所、地域といったさまざまな垣根を越えた、仮想空間ならではのイベントになりそうだ。
 運行団体を母体とする有志によるオンライン弘前ねぷた実行委員会(中川俊一会長)が企画。むつ小川原地域産業振興財団の助成金を活用して実施する。仮想上の弘前市内を練り歩く様子を動画投稿サイト「ユーチューブ」でライブ配信。7日までの午前10時~午後9時に視聴できる。
 配信先へのリンクや塗り絵のダウンロードは特設ページ(http://payalab.wizardtools.net/onlineneputa/)へ。
【写真説明】「みんなでつくろう!!ONLINEねぷた」のポスター

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。