新型コロナウイルスの影響で中止となった夏祭りの雰囲気を味わってもらおうと、青森ねぶた祭、弘前ねぷたまつり、八戸三社大祭をラッピングした「アドトラック」が製作され、31日に青森市の県観光物産館アスパム前で出発式が行われた。
 県観光連盟、青森観光コンベンション協会、弘前ねぷたまつり運営委員会、VISITはちのへの共催。発案した伊藤商事(八戸市)がトラックを運行する。トラックは全長17メートルで、両側面に三つの山車の写真をラッピング。後部には来年開催する東北ディスティネーションキャンペーンの広告を載せた。
 31、1日に青森市、2、3日に八戸市、4、5日に弘前市を運行し、各日午後8時までは各市に対応した囃子(はやし)を流しながら走行する。
【写真説明】青森、弘前、八戸の3市の夏祭りがラッピングされたアドトラック

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。