毎年、弘前ねぷたまつりに合わせて「弘前ねぷた速報ガイド」を発行している弘前市の路上社は1日、「弘前ねぷた平成総集編」を刊行。新型コロナウイルスの影響で今年の祭りが中止となったことで生まれた企画で、平成期の117団体、計1533台のねぷたを紹介しており、祭りの歴史を集約した一冊になっている。
 例年の80~90ページに対し、総集編は272ページのボリュームで、参加団体ごとに平成11~30(1999~2018)年のねぷたを収録。平成元(1989)年以降で未掲載のものは同社ウェブサイト(https://rojosha.com/)で公開する。
 弘前ねぷた平成総集編はA4判、1800円(税込み)で、弘前市内の書店やコンビニで販売。
【写真説明】1日に発売する弘前ねぷた平成総集編

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。