日本銀行青森支店は30日発表した県内金融経済概況で、新型コロナウイルスの影響が見られる下での景気の総括判断を「一部に持ち直しの動きがあるものの、厳しい状態が続いている」とした。個別項目の個人消費が「財の消費を中心に下げ止まりつつある」ことに加え、生産の一部に持ち直しの動きが見られている。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。