全国高校野球選手権大会青森大会に代わる夏季県高校野球大会は最終日の28日、青森市のダイシンベースボールスタジアムで決勝戦が行われ、青森山田が光星との乱打戦を制し3年ぶり12度目となる優勝を果たした。
 青森山田は一回に3点を先取。五回に逆転されるが、六回に5―5の同点とする。七回に主砲平野時矢のソロで勝ち越すと、続く小牟田龍宝のソロで2点差とし、八回にも1点を加えて逃げ切った。
 青森山田は8月9日から宮城県の石巻市民球場で開かれる東北地区高校野球大会に県代表として出場する。
【写真説明】3年ぶり12度目の県大会優勝を果たし、兜森崇朗監督を胴上げする青森山田ナイン=ダイシンベースボールスタジアム

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。