五所川原市内の高校に通う生徒と青森公立大学などの学生らが26日、市役所1階の「土間ホール」で地域の課題について話し合った。「じゃわめぐ! 五所川原に来たい(期待)! 住みたい! あずまし隊」と銘打ったプロジェクトの一つで、高校生が大学生や地域住民と話し合う機会を設けることで、地域活性化、定住者・Uターン者の増加などにつなげるのが狙いだ。
【写真説明】市の課題点などについて、熱心に話し合う参加者たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。