五所川原市の津軽金山焼は、新型コロナウイルス禍の収束を願って巨大な観音様を制作、同工房敷地内に設置した。付近にあるため池の土を原料にして焼き上げた、陶器工房ならではの高さ約4・5メートルの大作。松宮松風窯元(73)=本名・亮二=は「気軽に来てほしい」とアピールしている。
【写真説明】優しい表情をした高さ4・5メートルの聖観音立像

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。