全国高校野球選手権大会青森大会に代わる夏季県高校野球大会は第7日の23日、青森市のダイシンベースボールスタジアムで準々決勝2試合が行われ、弘前東と光星が準決勝に進んだ。
 弘前工との投手戦を繰り広げた弘前東は、サヨナラ勝ちで8年ぶりに夏の4強入りを果たした。光星は二回に3点を先取すると、着実に点を重ね、粘る八工大一を振り切った。
 第8日の24日は同球場で準々決勝2試合が行われ、4強が出そろう。
写真説明【準々決勝・弘前工-弘前東】サヨナラ適時打を放つ弘前東の木村年貴=ダイシンベースボールスタジアム(写真上)、【準々決勝・光星-八工第一】9回、猛追する相手を気迫の投球で抑える光星の主戦森木光汰朗=ダイシンベースボールスタジアム(写真下)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。