賃貸住宅最大手の大東建託(本社東京都)が22日に公表した「いい部屋ネット住みたい街ランキング2020青森県版」で、県内の住みたい街(自治体)総合トップに弘前市が輝いた。「街の住みここちランキング」では2位に藤崎町、3位に弘前市が選ばれた。
 居住満足度に関する両調査は県内居住者を対象に実施。「住みたい街ランキング」は20年度の回答者数1474人によるもので、「住みここちランキング」は19年度と20年度の回答を累積して集計した。
 「住みたい街」で弘前市の得票率は2・4%とトップ。続いて青森市、八戸市、五所川原市、十和田市の順になった。
 弘前市が支持された理由として、繁華街や観光地があり活気がある点、病院があること、雰囲気の良さなどが挙げられた。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。