22日は二十四節気の一つ「大暑」で、暦の上で暑さが最も厳しいとされる。21日の県内は、温暖前線の影響で気温が上がり、弘前市の最高気温が2日連続で30度を超えるなど、各地で真夏日を記録した。
 弘前市の革秀寺では、池に涼しげな淡いピンク色のハスが咲き始め、市民らの目を楽しませている。仕事で同市を訪れ、車で通り掛かった青森市の50代自営業女性は「ここにハスが咲いているのを初めて知った。見頃に再び訪れたい」と語った。同寺のハスはお盆の時期に見頃を迎え、8月末まで楽しめるという。
【写真説明】咲き始めた革秀寺のハス

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。