医師不足に悩む本県など12県で構成する「地域医療を担う医師の確保を目指す知事の会」は21日、国に対する政策提言をまとめた。既設医学部の大幅な定員増などを盛り込んでおり、8月7日に提出予定。
 提言は6項目にわたり、既設医学部の大幅な定員増や医学部の新設のほか、高度な医療技術を必要とする医療分野に診療報酬を含めたインセンティブの導入など、医師の確保と地域偏在の解消に向けた内容となった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。